お金

超簡単・超お得。ふるさと納税のやり方を解説‼

どもども‼おもちおんじです(∩´∀`)∩

おもちおんじです

みなさん、税金はらってますかー!?

突然すいません(笑) もちろん払っていらっしゃいますよね(-ω-)/

今回は税金に関わるお得な制度、

「ふるさと納税」についてお話させて頂きます‼

皆さんも一度はこの「ふるさと納税」というワードを耳にしたことがあるのではないでしょうか?

数年前に大阪の泉佐野市と国が争い、よくニュースで報道されていたアレです(´・ω・`)

このふるさと納税ですが、

知ってはいるものの、まだ一度もやったことがないって方少なくないのでは…?

実際私の職場では、私以外やったことがないという状況でした…(;^ω^)

んーーーーーーもったいない‼

実はこの制度、「わからない」や「めんどくさい」という理由だけでスルーするにはあまりにももったいない制度なんです‼

「知ってるけどめんどくさそう」

「お得って聞いたけどやり方知らない」

「なにそれおいしいの?」

という方でも簡単に制度が利用出来るよう、

今回は実際の画像とともに手順をご説明いたします‼

この記事を読んで頂き、今年からのふるさと納税の手助けになればと思います。

おもちおんじ

頑張ってわかりやすくご紹介しますので、

今回もよろしくお願いしまーーーーーーーす‼

ふるさと納税って何?

改めてふるさと納税について、簡単に説明しておきますね(^^)/

ふるさと納税とは…

「納税」という言葉がついているふるさと納税。 実際には、都道府県、市区町村への「寄附」です。 一般的に自治体に寄附をした場合には、確定申告を行うことで、その寄附金額の一部が所得税及び住民税から控除されます。ですが、ふるさと納税では原則として自己負担額の2,000円を除いた全額が控除の対象となります。

引用:総務省ふるさと納税ポータルサイト

はい!「寄付」ですね‼

私個人の理解の仕方でお話しすると、

「年間2000円を支払って、翌年の税金(住民税・所得税)を前払いし、返礼品をもらうこと」

って感じです(@_@)

実際に使ってみるとわかりますが、やっていること自体がおおまかにこの3ステップみたいなもんなので…

ただこの制度をうまく活用すれば、節約と贅沢を同時にできちゃうんです‼

この「返礼品」が非常に素晴らしいもので、

お肉やお魚、お米といった食料品や、

家具や家電、はたまたホテルの宿泊チケットなんてものもあるんです(^^)/

寄付する自治体の特産品が返礼品の対象になるため、実に様々な種類の返礼品があるんですよ~

また納税時に寄付金の使い道を選択できるため、

進めてほしい公共事業にあててもらう希望が出せたりします。

おもちおんじ

こういった形で地域貢献できるのは素晴らしいですね‼

超簡単に手続きを‼「ワンストップ特例制度」とその手順

ふるさと納税の手続きには種類があり、確定申告時に手続する方法と

今回ご説明する「ワンストップ特例制度」があります(‘ω’)

ワンストップ特例制度とは…

ふるさと納税がめんどくさそうだったり、なんとなく難しそうに感じるのって、個人的に「確定申告」が絡んでくるのが一つの理由だったりします( ;∀;)

ですが、ワンストップ特例制度を使う場合は、ふるさと納税のために確定申告する必要はありません。

正確に言うならば、

「会社員などで、個別に確定申告をする必要がない方が、スムーズに納税の手続きができる。」

といった感じです!(^^)!

ワンストップ特例制度とは?

ワンストップ特例制度とは、確定申告を行わなくても、ふるさと納税の寄付金控除を受けられる仕組みです。 ふるさと納税先の自治体が、1年間で5自治体までであれば、この制度を活用できます。 ※6回以上ふるさと納税を行っても、5自治体以内であればワンストップ特例制度をご活用いただけます。

引用:さとふるホームページ

寄付後に自治体より送られてくる申請書に記入し、必要書類を添えて返信するだけで完了です‼

おもちおんじ

これだけのため税務署に確定申告行くのめんどいもんね…

ただし‼ 注意しておかないといけないところもあります(;´∀`)

ワンストップ特例制度の申請書の提出には期限があります。

翌年の1月10日必着です‼

ここは必ず守ってくださいね(‘Д’)

ワンストップ特例制度の提出期限は、寄付年の翌年1月10日必着。

ワンストップ特例制度の手順

手順自体はとても簡単なので、ここは飛ばしていただいても問題ありません(^^)/

一応簡易的な手順だけ書いておきますね‼

ワンストップ特例制度 4ステップ

1.納税時に「ワンストップ特例制度を利用する」旨を寄付先に申告する

2.納税後、自治体より「ワンストップ特例制度申請書」が送られてくる

3.申請書の必要事項を記入

4.マイナンバーカードや運転免許証等の本人確認書類を添えて返信

これだけですね‼

少し注意しておきたいことがありましたので、追記します(^^)/

・自治体によって送られてくるタイミングが違うため、年末の利用時には期限に注意。

・本人確認書類は自治体が求めるものをそろえてください。

・各自治体によってフォーマットが違うため、確認しながら記入してください。

ふるさと納税始める準備

では実際にふるさと納税をはじめる前に、いくつか準備をしておきましょう‼

簡単に出来ますので、さらっとこなしちゃいましょう!

1.自分自身の納税できる上限額を知ろう。

ふるさと納税は「税金の前払い」のような形で寄付するため、その納税額には上限が設定されています。

納税者のその年の年収や家族構成などで算出されるため、

事前にある程度の上限金額を把握しておくことが大切です‼

上限を超えた納税は、控除の対象外になってしまいますので注意してください(・ω・)ノ

本当に単なる「寄付」になりますね。

いくつかのサイトでおおまかな上限金額のシミュレーションが出来ますので、こちらから一度確認してみてください(‘ω’)

2.楽天市場に登録しておこう

今回ご紹介する納税方法が「楽天市場」を使ったやり方で説明していくので、楽天のアカウントもっていない人はご登録してください(^^)/

登録は簡単に済みますので、サクッと進めちゃいましょう♪

おもちおんじ

制度を学び、準備が出来たら、もう始めちゃいましょう‼

実際に楽天市場での納税を一緒にやってみましょう‼

今回は楽天市場を使って解説していきますね(^^)/

ふるさと納税自体は様々なサイトで行う事が出来ますが、

個人的に一番ネットショッピングに近い感覚で使いやすく、かつお得な方法で出来るため、こちらで紹介させていただきます(^<^)

☆実際のパソコンでの画面で解説していきまーす(^^)/

1.楽天市場ホームページを開き、ログインする

2.検索画面にて「ふるさと納税」で検索

3.お好きな自治体、もしくは返礼品を選択

4.各選択項目を選び、寄付を申し込むボタンをクリック

5.注文者情報に誤りがないか確認

※こちらの情報が納税者情報となりますので、間違えないようにしてください‼

6.決済方法を選択

7.注文確定ボタンをクリックで完了‼

はい‼これにてふるさと納税デビューは完了です(^^♪

ほぼほぼネットの買い物と変わらないことがお分かりいただけたのではないでしょうか‼

おもちおんじ

うちの父と母も楽天市場でふるさと納税デビューしました☆

ちなみに楽天市場でのふるさと納税がお得なのかは以下の理由です‼

  • 納税時の支払いでポイントがたまる
  • ポイントを使っての納税が可能
  • お買い物回りなどのキャンペーンの対象のため、さらにポイントがたまりやすい

これが楽天市場での納税が人気な理由ですね ^^) _旦~~

楽天市場以外でも簡単に利用できるおすすめサイト3選

いちおしは楽天市場なのですが、他のふるさと納税サイトもおススメします‼

というのも各サイトで返礼品の中身が異なったり、そもそも取り扱いがなかったりします。

なので他に人気なサイトを三つご紹介します‼

1.さとふる

人気ランキングやキャンペーンページなど、お得なお礼品を探しやすいサイトです‼こちらだけの限定品なども多く存在します‼

2.ふるさとチョイス

ふるさとチョイス

利用者数ナンバー1との呼び声の高いサイトです。

使い勝手も良く、幅広い自治体と返礼品の取り扱いがあるイメージ(´・ω・`)

3.ふるなび

ふるなびでは寄付やそのレビューを行うことで、「Amazonギフト券」がもらえます‼

Amazonでよくお買い物される方にはうれしい特典ですね(^^♪

こちらの3サイトも登録さえしてしまえば、そう難しくはありません。

返礼品の内容があえばこちらでもお得ですね‼

まとめ:低収入のおもちおんじ的には活用必須制度‼

いかがだったでしょうか?(^<^)

一回やってしまえばそんな難しい作業は特にありませんよね‼

本当に買い物感覚で出来るのはありがたい限り…

私は低収入なのであまり多くの納税は出来ませんが、それでも毎年楽しみながら節約と贅沢をふるさと納税で味わってます♪

所得が多い友人はパソコンやキャンプグッズなんか選んでましたね…うらやm・・・

「お得さ」だけがふるさと納税をする理由ではありませんが、利用して損の無い制度です。

今年からでも始めてみてはいかがでしょうか(´_ゝ`)

ではまた‼